忍者ブログ
食虫植物など、限られた場所にしか生えない植物の栽培日記です。
| Admin | Write | Comment |
最新コメント
[10/01 ippai_attena99]
[09/28 シネフィー]
[09/27 れおん6000]
[09/27 senda]
[09/21 Lime]
[09/17 ono]
[09/11 senda]
[07/21 ihatov1001]
[07/19 れおん6000]
[07/18 もな]
[07/18 senda]
[07/16 れおん6000]
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
09 2016/10 11
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
リンク自由です、勝手にやってください。
管理人へのメール
*印は必須です
バーコード
関西集会でした。

今回は参加26人とまずまずでした。
今回、浜田山の200回記念とかぶって遠方から来る人が少なかったので、関西集会としては本来の参加者に近い物かもしれません。

それでも昔に比べると多くなりました。(^^ゞ

そんなことですが、展示品や分譲品がそれなりに集まって参加者もそれなりに満足したと思います。


イベントは海外の自生地の様子が報告されましたが、いきなりプロジェクターの赤色が出なくなり、赤い腺毛のドロセラがほとんど見えない状態になってしまいました。(^_^;)

今年は電子機器がよく壊れる年なのでこれ以上壊れる物が出ないことを祈ってます・・・。
( ´-ω-`)_

その後クイズなども行われましたが、花言葉など知らないことも多くありました・・・。
まあ、栽培には関係ないので・・・。ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


次回は12月4日(日)に西宮で有ります。
終了後は近所で反省会と言う名の忘年会が有る予定です、皆さん今年最後の集会に参加してください・・・。

(* ̄∇ ̄)ノ

拍手[3回]

PR
しばらくサボっていました。(^_^;)

この夏の猛暑で夏ばてしてブログも書く気力が出ませんでした。

そういいながら多少の動きは有りましたが、例によって植物が大量に枯れてことは言うまでも有りません。
これから草むらと化した作場をチェックしていかないと・・・。( ´-ω-`)

まあ、取り合えず猛暑も峠を超えて多少過ごしやすくなってきたので、これから少しはやる気も出てくると思います。
(^^ゞ

とりあえず今月の予定ですが、9月25日に関西集会が有ります。
同じ日に浜田山が有りますが、東京まで行く人は少ないと思うので参加者も通常とさほど変わらないかも知れません。
集会の詳細はこちら。
「第83回 食虫植物探索会・関西集会」 

何でも探検家Mが20年前にオーストラリアに行った時の様子を報告するそうです。
(^_^;)

その他クイズでステッカーをもらえるとか・・・。ゞ( ̄∇ ̄;) 

浜田山に行かない人は集まってください。


その後の予定ですが・・・。

10月8日、9日の2日間で即売会が有ります。
『WILDWOOD 食虫植物即売会』 

爬虫類などのショップ主催の熱帯植物の即売会ですが、それに混ざって販売します、熱帯植物の興味が有る人はぜひ・・・。
2日有るので持っていく植物をどうするか思案中ですが、売れ行き次第では2日目に新しい植物を出すようなことも考えています。
まあ、食虫植物以外のものが半分ぐらい有るかもしれません・・・。ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


11月6日、恒例のぶりくらです。
『ぶりくら市2016 食虫植物即売会 神戸』

例によって爬虫類に混ざっての即売会です。
まあ、10月と同じような物が並ぶかもしれませんが・・・。
(^^ゞ


その後ですが。

12月4日、関西集会です。
「第84回 食虫植物探索会・関西集会」

今年最後の集会です。
また、海外の自生地影像など流す予定です。
集会後は例のよって反省会が有ります、今年一年の反省を充分してください・・・。
ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

来年は20周年の年ですが果たしてどうなるか・・・。


拍手[3回]

関西集会でした。

今回は海の日にふさわしい暑い日でしたが、参加38人と最高対の記録でした。

くしくも今回は広い部屋だったために居場所が無いようなことも無く快適でした。(^_^;)

イベントは浜田山で撮ったボルネオの影像を上映・・・?  ^^ゞ
トラスマディなど中々いけない場所のネペンの様子が見られました。

展示即売もそれなりに植物が集まり、大量な植物も壮絶なジャンケン大会で参加者に引き取られていきました。


こんな展示品も有りました。


こんな物も持ち込まれてました・・・。



(^^ゞ

その後例によって近所で反省会でした・・・。
いつものようによく分からない話で盛り上がったので、ほとんど記憶に残っていません・・。
ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


次回は9月25日で浜田山とかぶっているので、こちらはこじんまりとやろうかと思います。

また、自生地ビデオなどを上映すると思います。

よろしく・・・。

(* ̄∇ ̄)ノ



拍手[6回]

暑いのでばててました。

そんなことで更新もサボってます。(^_^;)

まあ、ネタがないわけでもないんですが書くのが面倒だと言うことですね・・・。
ゞ( ̄∇ ̄;)

そんな中、このごろ流行りのセファロの花も咲いていました。


暑いので花粉のあまり出ていないようですね~、これでは結実しないかもしれません、はたしてどうなるのか。
フクロユキノシタと言う名前ですが、ユキノシタに花の形が似ていると言う話も有りますがどう見ても花が似ているとは思えないので、葉の模様から連想された物なんでしょうね~・・・。
ちなみにユキノシタの花と葉はこんな感じ・・・。


他には、このところの暑さで色んな物が枯れてきて残骸の処理に追われる日が続いています、夏の終りまでににどれ位減るか。
( ´-ω-`)_

まあ、減っても場所はすぐに埋まるんですが。


そして忘れてはいけない、7月18日は関西集会です。

月曜日ですが海の日で休みです、海に行かずに関西集会に行きましょう・・・。
(* ̄▽ ̄)ノ

取り合えずイベントとしてネペンの自生地の様子を写した写真などを上映します。
自生地の貴重な様子なども有るのでぜひ参加してください。


終了後はたぶん Bird noble ・・・で反省会が有ります、そちらにもぜひ参加してください。

よろしく。
_(^_^;)

拍手[2回]

遅くなりましたが関西集会の報告です。


今回は27人と中々の盛況でした。
イベントはブラジルの自生地探索の様子と言うことで、名前の分からないドロセラやゲンリセア、着生ウトリなどが紹介されて、その後メキシコのピンギの自生地の様子なども紹介されました。

その他、国内では栃木県の自生地の様子なども紹介されました。

今回は展示品が結構多く、やはり季節が良いと展示品も集まりやすいのかもしれません。


その他、いつものようにジャンケン大会なども繰り広げられ、いつものようにばたばたと解散しました・・・。

次回は7月18日に西宮で開催されます。

イベントは特に考えていませんが、また自生地の影像が上映されると思います・・・。


拍手[5回]

6月5日は関西集会です。

場所は大東市民会館です。

イベントは例によって探検家Mの昔行ったブラジルの自生地の様子を上映します。

なかなか海外の自生地の様子は貴重なので一度見る価値は有ると思います。

展示品や分譲品を持って参加してください。
(* ̄∇ ̄)ノ


「第81回 食虫植物探索会・関西集会」



つるこけももの花が咲いていました。



これも湿地に自生する植物なので、サラセニアと一緒に腰水にしておくと良く育ちます。
それなりに実がなりますが、ジャムにするぐらいしか用途が無いのでほとんど食べることが無い物ですが、これも賑わいの仲間です・・・。

ゞ( ̄∇ ̄;)

拍手[2回]

Sarracenia minor の花が咲いていました、サラセニアの中では一番遅く咲く種類で、この花が咲くとサラセニアの花も終りです。
今年はほとんど交配はしていませんが、セルフではそれなりに種が取れると思います。
ただ気まぐれに花粉を付けたものがあるので、大きくなったら何かかかっていたとか良くあります。(^^ゞ


この株は var. okefenokeensis で very tall pitchers と言うことでかなり大きくなるタイプですが、家ではまだ50cmぐらいにしかなりません。
この株も30cmぐらいですが花が咲いてます。

まあ、 minor で Giant と言うのも変な名前ですが、自生地のように1mとかどうやったらなるんでしょうか。
( -_- )

他のサラセニアもかなり葉が出てきてそれなりに特徴が分かってきた物も有ります。

こちらは伊勢花のレウコですが、春の葉はこじんまりとしてますね、かなり長い花茎が出てる物も有りますが、春の葉は花茎より高くなることは有りません。
ただ秋の葉は花茎より上に行く可能性があるので高い花茎の出る株は期待大です。

暑くなる前に記録を残しておかないと・・・と思うんですがなかなか・・・。

日中は既に暑いので中々作業も進みません。



拍手[3回]

食虫だけではなく色々と有ったりするんですが、この時期目立つ物をいくつか・・・。
(^_^;)

まずはこれ。


ガンセキラン、道の駅で怪しいおばちゃんが売ってたので買ってみました。
(^^ゞ
聞きなれない物だったんですが、どうも南方の物のようです。
シンビジュームのように根元から花茎を伸ばしてくる感じのものです。
南方系なので暑さには強いようですが、冬は室内に取り込まないといけないかもしれませんね~・・・。
どうなんでしょうか。

次はカキランです。


まあ、どこかの自生地から来た物ですが、栽培は難しい物ではなくごく普通に栽培できるし良く増えます。
下手をするとサギソウあたりよりも簡単に栽培できます。
毎年増えてます。

こちら亀甲竜。

業界では有名な実生繁殖品だということで、安かったので衝動買いした物です。(^^ゞ
冬越しは屋外で出来たのでかなり耐寒性が有るようです、この冬は-3℃と言う日が1日有りましたが、取り合える冷害は有りませんでした。
問題はこれから夏に向けて休眠したときで、うまく夏越しできるかどうか・・・。


まあ、私もいろんな実生をやってますがやっと大きくなってきた玉扇です。


大した親ではないので期待できるような物ではないんですが、地道に増やしてます。(^_^;)
これも成長が遅いんですよね・・。
 
 
他にも色々有りますが最後にモウセンゴケ。

ただ植えても面白みにかけるのでちょっと寄植えにしてます。
三重県産の物ですが、自生地にあるように真っ赤になってます。
鉢が玄関先のコンクリートの上に置いてあるので乾いた空気が当るためか腺毛が縮れています。

もうすこし湿度が高い場所に置けば綺麗に腺毛が伸びた物になったかもしれません。

ただ花茎が上がってきたのでこれ以降は大きなははでないでしょうね~・・・。

拍手[1回]

≪ Back 

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

Copyright c 偏狭の植物たち。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]