忍者ブログ
食虫植物など、限られた場所にしか生えない植物の栽培日記です。
| Admin | Write | Comment |
最新コメント
[02/22 Sandra]
[02/03 おます♂]
[02/02 ネペン亭あら太]
[02/01 れおん6000]
[02/01 senda]
[01/27 れおん6000]
[01/24 senda]
[01/24 Lime]
[01/24 アウラパパ]
[01/14 れおん6000]
[01/14 アウラパパ]
[01/09 アマゾン杉]
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
リンク
リンク自由です、勝手にやってください。
管理人へのメール
*印は必須です
バーコード
Sarracenia minor の花が咲いていました、サラセニアの中では一番遅く咲く種類で、この花が咲くとサラセニアの花も終りです。
今年はほとんど交配はしていませんが、セルフではそれなりに種が取れると思います。
ただ気まぐれに花粉を付けたものがあるので、大きくなったら何かかかっていたとか良くあります。(^^ゞ


この株は var. okefenokeensis で very tall pitchers と言うことでかなり大きくなるタイプですが、家ではまだ50cmぐらいにしかなりません。
この株も30cmぐらいですが花が咲いてます。

まあ、 minor で Giant と言うのも変な名前ですが、自生地のように1mとかどうやったらなるんでしょうか。
( -_- )

他のサラセニアもかなり葉が出てきてそれなりに特徴が分かってきた物も有ります。

こちらは伊勢花のレウコですが、春の葉はこじんまりとしてますね、かなり長い花茎が出てる物も有りますが、春の葉は花茎より高くなることは有りません。
ただ秋の葉は花茎より上に行く可能性があるので高い花茎の出る株は期待大です。

暑くなる前に記録を残しておかないと・・・と思うんですがなかなか・・・。

日中は既に暑いので中々作業も進みません。



拍手[3回]

PR
正月からぼちぼちと植え替えをしていますが中々はかどりませんね~・・・。

あと2ヶ月でどこまで出来るか、取り合えず順番にやってますが、数が多いので先が見えません・・・。
(´‐ω‐)_

まあ、多いのはサラセニアなんですが、実生とかもしているのでそれを含めると数が結構有るんですよね~・・・。
こんな感じでやってますが、植え込み材料は数が多いので鹿沼やココピートやチップを主に使ってます、ミズゴケが一番良いんですが値段が高いので出来るだけ使わないようにしています。
 

大株もいくらか有りますが、鉢が大きくなると置き場所に困るので出来るだけ鉢は小さめにしています。
それでも3~4年植え替えないと鉢からはみ出てくるので、どうしても植え替えないといけなくなります。

これも鉢にふちに芽が当っているので植替えです。
 

多分3年ぐらい放置してます。(^^ゞ

植替え方法を簡単に説明すると、まずは株を鉢から抜いて棒でつついたりして用土を落とします。
 

数年たつとこんな感じで芽分れして扇形に広がっていきます。
 

用土がだいたい落ちたら余分な葉を取りながらバルブを手で折って株分けします。
 

このときの2年分ぐらいのバルブを付けて分けます。
バルブが大きな場合はバックバルブも分けてそれだけで植えつけます。
目が無くてもそれなりに大きな物からは沢山芽が出てきます。
この時に出来るだけシャワーのような流水で根を洗います。

小さな物はココピートなどを根に絡ませてそのまま鉢に押し込みます。
 

大きな物は鹿沼が混ざった物も使います。
某で根の間に用土がないル用にして植えつけます。
 

まあ、全部ココでも良いんですが、鹿沼の方が単価が安いので、節約の意味もあり混ぜてます・・・。(^_^;)
ただ、鹿沼のような無機な物だけだと水質が悪くなった時に根腐れしやすかったり、根の伸びが悪くなるようなので 出来るだけ有機質を多くしています。
有機質が多くなくても、通気性が良い細かい粒のものなら良いようですが、上手く行かないことが多いので、この頃はココが主体です。

とりあえずこんな感じで植替えと株分けが進んでいますが、株分けすると余分に置き場所が必要になるので、悩みどころです・・・。 _(ー_ー)ゞ
 

ちょっと植替えをするだけでこんな感じに増えていきます・・・。


さて今週はどれくらい増えるのか・・・。(;一_一)_



拍手[1回]

明日から仕事と言うことで休みのうちに少しでも進めるために植え替えをしていました。

色々と植え替えないといけない物が有りますが、とりあえずたくさんあるサラセニアを減らすべく植え替えを断行しました。
今年は気温が高めなので手がしびれてくることも無く作業は順調に進むんですが、3月までにどれくらいが終わるか・・・、今年も問題ですね~・・・。 ( ´・ω・`)_


拍手[1回]

秋になってサラセニアの今年最後の葉が完成してきました。

特にSarracenia leucophylla は秋に大きな葉を出す株が多く、秋晴れに恵まれたこの季節に完成する葉は白さも一段と増します。

白いということがS、 leucophylla の特徴でも有りますが、その中でも特に白い物をSarracenia leucophylla var. alba として区別しています。

まあ、わざわざ改めて学名をつけるほどのものではないと思いますが、どうしても分けたいんでしょうね・・・。( ´-ω-`)_

それでこの
S、leucophylla ですが、日照条件が悪いと白くなりません。

秋の葉も少し早く出たものは、秋雨の影響を受けて日照不足となり、アルバでも大して白くならないことになってしまいます。
この葉は今年もちょうど秋雨シーズンに当ったためどうも白さが足りません。
 

本来なら筒の上部は葉脈がほとんど無い状態になるはずです。
これから完成する葉が有ればもう少し白さが出ると思います。
まあ、最低でもこんな感じになると思いますが、今年は出ないようです・・・。( ´-ω-`)
 

特に夕日が沈むまで日が当る所の物は白さが際立ちます。(`・ω・´)


拍手[3回]

サラセニアの花がそろそろ終りになってきました、今咲いているのは S,minor ぐらいです。

サラセニアの花は虫媒花なので、誰かが花粉を運ばないと基本的には種が出来にくい構造になっています。
なので種をとりたい場合は人工的に授粉をします。

どこなの農場のように、クマ蜂が勝手に交配しているのはここでは困りますが、幸か不幸かそう言った虫がいないので授粉は人の手にかかってます。

場合によっては風が吹いて自然に授粉することも有りますが、ほとんどの場合自然には授粉しません。

サラセニアの場合雌しべに花粉が溜まってそれを虫が運ぶことになりますが、花粉が溜まり始めたときより少し時間がたったほうが授粉しやすい気がします。
それから雨に濡れると花粉も雌しべも受粉できなくなるようなので、種を取りたいときは花が濡れないようにしたほうが良いでしょうね。

交配した場合は交配親が分からなくなると後で問題なので、私の場合よく使う札にパンチで穴を開けて端を切ってこんな形のものを作っておきます。


それに名前を書き込んで花茎に通しておきます、これで交配親が分からなくなることはなくなります。
この札は実生の札にもなりますし、新たな札を作ったときは書いた鉛筆の文字を消せば数回は再利用できます。(^_^)v


はてさて、今年はちゃんと種が取れるかどうか・・・。


そんなサラセニアの花ですが、こちらは S,psittacina  "Orange Flower" として入手した物ですが、オレンジと言うより黄色にちょっと赤い分部が入るという感じですね。


こんな花が咲くのも、どこかで黄色い花が咲く種類との交配したのではないかということが考えられます。
はたして何が原因なのか・・・。



拍手[6回]

相変わらずサラセニアネタですが、気温の上昇に伴って植物の生長も加速してきました。

サラセニアの花芽もかなり大きくなってきて、来週にも一番花が咲きそうです。


こちらもかなり大きくなってきました。

そんな写真を撮っていると発見しました。
これです。

アブラムシが既に活動開始をしていました。

とりあえず薬剤散布をしているので、すぐにいなくなると思いますが、この時期は雨が多いので薬をかけるタイミングと回数を見計らってやらないといけません。

そしてサラセニアの種も芽を出してきました。


2月の始めに蒔いて寒さに当てた物はしっかり発芽してきます。
まだ出ていないところも有りますが、この調子だと5月までにはかなりのところが発芽してくると思います。

そして写真を撮っている時には気が付かなかったんですが・・・。

ドロセラの芽が出ています。

ナガバのイシモチソウが発芽してきました。
用土を去年のまま使用したので去年のこぼれダネが残っていて芽が出てきたようです。(^^ゞ



拍手[4回]

個人輸入とかもぼちぼちやってますが、今年もイギリスから何かやってきました。

この頃は頼んでもないものをリストに載せてくれるので、何か間違ってるんじゃないのかと思います。
( ´-ω-`)_

まあ、それでも結構れな物が混ざってくるので一応みんなもらってます・・・。

今年はこれだけ。(`・ω・´)


時期的にここ数年は4月になってから届くので結構芽が伸びたりしていて、もう少し早くした欲しいんですが・・・。
まあ、世界中にばらまいてる所なので、日本のような端っこの国は後回しになるのかもしれません。
(-_-;)

中には根が一本しかなかったり非常に小さな物が混ざることも有ります。
こんなのはほんとに大きくなるのか・・・。


取り合えず植えつけて成長を待ちます。


サラセニアの植え替えも取り合えず時間切れでひと段落。

実生の植え替えなど多少やりますが、今年の植え替えは取り合えず終了です。

まだまだハエトリとかモウセンゴケとか多少残っていますがどうなるか・・・。

拍手[4回]

残っていたサラセニアの種をまきました。
本来なら2月のはじめ頃に蒔くはずだったんですが、準備が遅れて3月に入ってしまいました。

サラセニアの種は種の周りにワックスのようなものがあるようでかなり水をはじきます。
したがって種をまいても中まで水が浸透していくまで時間がかかるようです。
通常種を蒔いてから発芽するまで1~2ヶ月程度ですが暖かくなってから種を蒔くと発芽しない場合があります。

やはり寒さに当らないと発芽のスイッチが入らないようです。

したがって寒さが続く2月に蒔かないといけないんですが、ちょっと遅れましたね~。

寒い時期に蒔くと4月の中頃には発芽が始まるんですが、暖かくなってから蒔いた撒いた物は5月にならないと発芽しない物が多くなります。

今撒けば4月中には発芽してくると思いますが、果たしていつ発芽するか。

ちなみに写真の3倍ぐらい蒔いてますが、管理が悪いので花が咲くまで残るのは2~3%と言うところでしょうか・・・。( ´-ω-`)_

拍手[2回]

≪ Back  │HOME│

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

Copyright c 偏狭の植物たち。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]