忍者ブログ
食虫植物など、限られた場所にしか生えない植物の栽培日記です。
| Admin | Write | Comment |
最新コメント
[07/24 FreightInfo]
[07/22 名無し]
[07/21 わらびもち]
[07/17 gun]
[07/03 senda]
[06/27 れおん6000]
[06/25 おます♂]
[06/11 Zero]
[06/09 ネペン亭あら太]
[05/02 Lime]
[04/17 おます♂]
[04/12 おます♂]
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
リンク自由です、勝手にやってください。
管理人へのメール
*印は必須です
バーコード
この所ネタが無いのでこんな話でも・・・。

食虫植物のことですが、海外では Carnivorous Plant (肉食植物) と呼ばれていています。

何で肉食かは知りませんが、やはり未開の地からやってきた不思議な植物を見て驚嘆した為なんでしょうか・・・。

特にヨーロッパの人々を驚かせたのはやはりネペンテスではないでしょうか。

その巨大な袋に落ちた昆虫や小動物と栄養にしてしまうと言う、食物連鎖に逆行するような植物を見たときに、人間を食べるような植物も存在するのかと言う想像が働いたのかもしれません。

昔の本にはそんな想像上の植物の話が良く出ていました。

確かに大きなネペンテスは植物だけでなく、ネズミのような小動物が落ちて餌食となってしまうことが有るそうです。

73078e34.jpeg
写真の物は某植物園のトランカータですが、500mlのペットボトルと比べるとその大きさが分かると思います。
この時は過去最大級の袋が付いたそうで、高さも60cm以上有りました。
ココではよくこの袋にネズミが落ちるそうで、中から骨が出てくることがあるそうです。

未開のジャングルで、見たことが無い植物の袋の中から骨が出てきたら何の骨でもちょっと気持ちが悪いでしょうね~・・・。^_^;

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
うわ~
こんなに大きな袋があるんですね~
とすると・・・
まだ未開発の場所には
もしかしたら本当に
人間が入ってしまうような大きさのものがあるかも・・・(怖い)
2008/12/20(Sat)23:35:50 編集
Re:うわ~
大阪屋
wakadoriさんどうも、さすがにこれ以上の物はもう見つからないと思いますが、新種の可能性は残ってますから・・・。
まあ、昔の人が見たら人間が入る物が有ると考えるかもしれませんね・・。^^;
2008/12/21(Sun) 17:23
お早う御座います(^^)
surface URL
E~ですYOね。
此方のトランカータ! 超マクロですね!
此方のメリリンもまた超メガですね^^!

私のブログの記事に「温室巡礼-聖地編(笑)」で
此方の温室を取上げる予定ですが、
大阪屋さんとカブりますね~(o^-^o)。
2008/12/21(Sun)09:51:59 編集
Re:お早う御座います(^^)
大阪屋
surfaceさんどうも、あそこは夏の展示としては世界一と言う話もあり、植物の出来と種類の多さは他には無いものがありますからね~・・・。
2008/12/21(Sun) 17:27
無題
Khelljuhg URL
背景に写っている他のネペンテスも何だかピッチャーが大きい気が・・・。

carnivorousというのは昆虫その他も含めて動物質のものを栄養源とする場合に使われます。
2008/12/27(Sat)10:21:38 編集
Re:無題
大阪屋
どうも~・・・。

>背景に写っている他のネペンテスも・・・大きい気が・・・。

まあ、ここの物は総じてできのいい物が多いですからね~・・・。(^^ゞ

>carnivorousというのは・・・。

わざわざすみません。なるほど、昆虫限定ではないと言うことで使われているんですね。
どうしてもカーニバルと言う言葉から連想してしまいます・・・。(^^ゞ
基本的には落ちた物は全て栄養源にしますからね~。
2008/12/27(Sat) 16:43
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207]

Copyright c 偏狭の植物たち。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]