忍者ブログ
食虫植物など、限られた場所にしか生えない植物の栽培日記です。
| Admin | Write | Comment |
最新コメント
[10/01 名無し]
[09/11 響]
[09/11 senda]
[09/08 響]
[09/04 ネペン亭あら太]
[08/13 senda]
[07/22 名無し]
[07/21 わらびもち]
[07/17 gun]
[07/03 senda]
[06/27 れおん6000]
[06/25 おます♂]
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
リンク自由です、勝手にやってください。
管理人へのメール
*印は必須です
バーコード

8a6a30bfjpegレウコ系の八重咲の品種が有りますが、現状はただ八重咲と呼ばれているだけですが、私は勝手にRose などと名前をつけています。

これが一つのクローンであれば何か名前を付ければ良いんですが、問題はこの花は種子遺伝をして多くの違うタイプのクローンを作るということで、長い間に交配やセルフを繰り返してきて、花の色や形はもちろん葉の形態も様々な物が出来ます、ある程度共通している点はどちらかというとレウコの血が濃い物に発現するということです。

ただレウコの原種に近いものにはほとんど出ることが無く、どちらかというと背の低い物に多く見られます、したがって交配によって何らかの特徴が生じたものに限って発現するのかもしれません。

同じ系統かどうかは分りませんが、同じ花を咲かせるものに「重錦」という品種があります、これも実生選別による物のようですが、何かの要因で八重の花が咲くようになったのだと思います。

そこで単にRose とかRose flower formと呼んでいますが、このあたりを詳しい人が決めてくれると良いんですが・・・。(-_-;)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156]

Copyright c 偏狭の植物たち。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]