忍者ブログ
食虫植物など、限られた場所にしか生えない植物の栽培日記です。
| Admin | Write | Comment |
最新コメント
[03/20 れおん6000]
[03/20 おます♂]
[03/20 senda]
[03/19 もな]
[03/07 もな]
[03/06 おます♂]
[02/03 おます♂]
[02/02 ネペン亭あら太]
[02/01 れおん6000]
[02/01 senda]
[01/27 れおん6000]
[01/24 senda]
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
リンク自由です、勝手にやってください。
管理人へのメール
*印は必須です
バーコード

JCPSのネペンツアーに参加してきました。(*^^)v

今回の行き先はボルネオ。

クチンからサラワクです。

見られた物はN gracilis、N mirabilis、N bicalcarata 、N rafflesiana、N ampullaria そして、バリオ(bareo)ではN veitchii、N stenophylla、N hirsuta、N reinwardtiana 。
シークレットポイントでN northiana、N albomarginataを見ることが出来ました。
6f92421b.jpeg

自生地の様子は順に紹介していきます。(^^ゞ



まずは日本からクアラルンプール経由でクチンに入りました、ここでクチン周辺の自生地を見学。

e621afde.jpeg

雑草のように生えるN gracilisやN mirabilisを見ながら初めて見る自生地のN bicalcarata に圧倒されました。

やはり自生地の物は違いますね~・・・。

51b02640.jpeg他にもあちこちにN rafflesiana が生えていたりしました。

植物園でも中々見ることが出来ないような大きな株が木の間を縫うように走ってあちこちに袋をぶら下げている様は圧巻でした。


a8696879.jpeg少し離れた自生地では、密林の中に大きなツボのN ampullaria が有り、その大きさも植物園で見られる物を圧倒していました。

やはり本物は自生地で見ないと分かりませんね~・・・。

ホテルの帰ってからはビールで乾杯して時間がたつのも忘れて賑わっていました。(*^^)v
やはりこうゆう旅は良いですね・・・。

次はMIRIに移動です・・・。
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
senda
ネペンテスツアー参加されていたんですか、うらやましいです。
(^^ゞ

アンプラリアの自生場所はやはりフラッシュを焚くほど暗いんでしょうか、色々興味深いですね。
関西集会での報告を楽しみにしています。
2010/09/12(Sun)10:11:46 編集
Re:無題
大阪屋
どうもどうも。

やはりそれぞれ好みの場所はあるようですが、ほとんどの物は同じような環境で栽培できると思います。
2010/09/12(Sun) 23:53
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353]

Copyright c 偏狭の植物たち。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]