忍者ブログ
食虫植物など、限られた場所にしか生えない植物の栽培日記です。
| Admin | Write | Comment |
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
リンク自由です、勝手にやってください。
管理人へのメール
*印は必須です
バーコード
秋になってサラセニアの種が沢山出来ていたので収穫しました。

今年も色々交配などをしたんですが・・・。

基本は同じ時期に花が咲いているとやりやすいんですが、品種によって開花時期が違うので先に咲いた花の花粉を保存しておいて、後から咲いた花につけるという作業をしていました。

交配をした場合は出来るだけ沢山種を取りたいんですが、後から咲くプシタシナやミノールといった所は花も小さく種も少ししか取れません。
それに比べて先に咲くフラバやレウコは花も大きく種も沢山取れます。

大きな植物を作りたい場合は、フラバやレウコに花粉をつけてやると良いんですが、開花時期が遅い物は花粉
を用意できないので、どうしても逆になってしまいます。

f955f2a8.jpeg写真は果実を比べた物ですが、左がフラバで右はルブラです。
ルブラの場合は果実のわりに種の数は多いんですが、プシタシナやミノールはもっと少ない数になります。

温度管理などで開花時期をずらせば良いんですが、中々それも上手く行きません。

今年は試しに花粉を冷凍保存したので、来年の開花時期にそれを使って受粉してみようかと思っています、はたして上手く行くでしょうか・・・。^_^;

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Genki
あれれ、もう採れる時期なんですね、早速採ってみます、、、、、。
2009/10/01(Thu)23:42:21 編集
Re:無題
大阪屋
ミノールなどの開花が遅い物はもう少し後の方がいいかもしれませんが、基本的には熟していると思いますよ。
2009/10/02(Fri) 08:52
無題
ネペンテスハウス URL
この時期に種が取れるんですね。
我家も来年咲いてくれればいいのですが。
受粉は手でやった方がいいのですか?
2009/10/02(Fri)08:05:24 編集
Re:無題
大阪屋
サラセニアは虫媒花なので、放置すると種が取れないことがあるので、開花して数日してから花粉を付けてやったほうが良いですね。
2009/10/02(Fri) 08:54
無題
ウッテイ
確かに、プシタシナ・ミノールは花が小さくて、種が沢山採れないですね。
私は、イッセイという交配種が欲しくて、以前アデスガタの花粉をプシタシナに交配させましたが、ろくに種が採れませんでした。
そこで、プシタシナを1度寒さに当てて花芽を形成させ、温室にいれて開花を早め、花粉を先に採取してアデスガタに交配したところ、種が採れました。
沢山発芽したのですが、手入れが悪く大分苗が減ってしまいましたが。
しかし、コーティ等は大量に苗ができました。
2009/10/02(Fri)20:37:07 編集
Re:無題
大阪屋
イッセイですか、あるところには有るんですが、中々増えないですからね。

確かに艶姿にかけると良い物が出来そうなので、残った物を大切にしてくださいね。
2009/10/02(Fri) 20:43
無題
SYO
あまり関係のない質問なんですが・・・。
サラセニアの用土は鹿沼土単用なんでしょうか? 
2009/10/03(Sat)00:49:13 編集
Re:無題
大阪屋
SYOさん、初めまして。
サラセニアはほとんどがミズゴケです。
大きい鉢に植えてあるものは鹿沼主体の用土ですが、配分は鉢の形状や管理方法の違いで多少変えています。
鹿沼単用でも栽培できますが成長が悪くなるのでお勧め出来ません。
2009/10/03(Sat) 10:44
無題
SYO
大阪屋さん、コメントありがとうございます   m(__)m
やはり単用は厳しいですか・・・。プシタシナ、ミノール、プルプレアなどは単用で植えているのですが、どうにも生育が悪くて困っていました。
今から植え替えても、今年中に復活は厳しいですかね・・・。(/_;)

2009/10/03(Sat)11:04:01 編集
Re:無題
大阪屋
この時期は今年最後の葉が出ているところなので、今から植え替えても成長は止まるだけでしょうね。
単用の場合は用土に栄養分が無いので成育が悪くなります、その場合は5~6月頃に液肥などをやると良い葉が出ますが、やはりピートなどの有機物が有った方が良く育ちます。
2009/10/03(Sat) 11:14
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280]

Copyright c 偏狭の植物たち。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]