忍者ブログ
食虫植物など、限られた場所にしか生えない植物の栽培日記です。
| Admin | Write | Comment |
最新コメント
[01/14 れおん6000]
[01/14 アウラパパ]
[01/09 アマゾン杉]
[01/06 ihatov1001]
[01/06 おます♂]
[01/06 おます♂]
[01/06 おます♂]
[01/02 シネフィー]
[01/02 もな]
[01/01 ニシゴロウ]
[01/01 れおん6000]
[01/01 senda]
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
2 3 5 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
リンク自由です、勝手にやってください。
管理人へのメール
*印は必須です
バーコード
b42e253cjpegこの前自生地探索に行った時、山奥の古いため池や休耕田があるところをウロウロしました。
水がたまった池も有りましたが、中にはほとんど干上がって湿地になっているような所も有って、ため池になる以前はほとんどが湿地だったのではないかと想像されました。
そんなため池にヒツジグサやジュンサイが沢山生えていました、どちらも人が多い所ではあまり見ることが出来なくなった植物です。
ジュンサイは食用にもなるので、ため池で栽培もされていますが、直近で見ることはめったにないので一芽持って帰ることにしました。
これを取る時に水の中に手を入れると、なにやら水の中を泳ぎ回るものが目に入って、虫でもなく魚でもないような黒く細長い紐のような物が泳ぎ回っていました。
良く見るとヌマビルでした、吸い付かれると嫌なので手早く作業しましたが、水が少なくなった為かヒルの密度が異様に多い。
手早く作業したが一匹吸い付いてきたのですぐに振り落としました。
これがいると言うことは農薬の影響が少ないと言うことのようですが、やはり良い気持ちはしません、以前山深い所に分け入ったときに、休憩で腰を下ろしていると足元に動く物があり、これがヤマビルでした、どうも食虫植物の探索には付き物のようです。
そんなことで持って帰ってきたジュンサイに花が咲きました、同じ所にあったヒツジ草とは対照的になんとも地味な花ですが、持って帰らなければ見ることが出来なかったと思うと、なんとも貴重は花に思えてきました・・・。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
めったに
ジュンサイの花ですか~
手元に無ければ見られない花ですね・・・きっと
それにしても随分地味ですね~
でも一度は実物を見てみたいものです。
2007/06/22(Fri)23:04:25 編集
Re:めったに
大阪屋
関東ではあまり見かけませんが、関西では沢山あります。
新芽を食用にしますが、取り立ててどうと言うこともないですね。
2007/06/25(Mon) 21:27
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85] [84] [83]

Copyright c 偏狭の植物たち。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]