忍者ブログ
食虫植物など、限られた場所にしか生えない植物の栽培日記です。
| Admin | Write | Comment |
最新コメント
[01/21 スーパーコピールイヴィトンバック]
[01/07 АКИ]
[01/04 Lime]
[01/01 senda]
[12/27 おます♂]
[12/21 溫奕翔 ]
[12/16 溫奕翔]
[11/18 Lime]
[11/15 へりっこ]
[10/01 名無し]
[09/11 響]
[09/11 senda]
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
リンク自由です、勝手にやってください。
管理人へのメール
*印は必須です
バーコード
植替え作業もそろそろ終盤です。

そんな中、数年放置していた一角を発掘しました。

さすがにほとんど枯れ果てていますが、この中から生き残りを発掘します。

既に違う植物は生えている鉢なども有りますがとりあえず整理です・・・。
ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


そんな中サラセニアの花芽が上がってきました。w( ̄o ̄)w オオー!


この株は例年一番早く花芽を出す株で八重咲です。
これが動き出すと次々と動き出してくるので、そろそろ植替えも終了となります。

3月は関西集会が有ります。

3月13日に大東市民会館です。
時間は12時30分からなので遅れないように。
自生地の影像などを放映する予定なので遅れて入ってくると目立ちます。
ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


拍手[1回]

PR
USJの中でどこに行きたかったと言うととりあえずはハリーポッターですね。

・・・と言っても映画をじっくり見たことはないんですが・・・。ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

ここはそれなりに世界観が有って面白いと思うので良く知らなくても楽しめると思います。



よく分かりませんが入り口からしてちがいます。


冬なので雪景色が合ってますが夏だと違和感が有るでしょうね・・・。


なぜか煙突が曲がってます・・・。(^_^;)


飛ばないふくろうが沢山いました。

隠れたところにこんなのもいました・・・。



城の中に入るだけでも並んでいましたが、アトラクションは乗る気にならないほど並んでました。
ゞ( ̄∇ ̄;)


入り口にはネペンもいました・・・。(^^ゞ


中は暗すぎてよく分かりませんでしたが、それなりに展示品が有りました。


せっかく来たので取り合えず一つぐらい乗ろうと並びましたが・・・疲れました・・。( ´-ω-`)


途中こんなのもありました、これは走りそうですね。


近くに鳥もいました。(^_^;)



人がいっぱいです。
天気も悪くなってきたのでここら辺で退散しました。

それにしても駐車場から入り口まで遠すぎるのでなんとかならない物か・・・。

さて、2回目はあるんでしょうかね~・・・。









拍手[1回]

アントシアニンとベタレインと言うお話です。
( ´-ω-`)_


私は知らなかったので記録する意味で書いておきます。

アントシアニン(anthocyanin)、よく聞く名前ですね。
植物の赤や紫の色を作っている色素の名前で、ブルーベリーなどが有名で健康食品などでよく扱われています。

植物の名前にも時々出てくることが有って、サラセニアには anthocyanin free と言う記述が良く出てきます。
ようするに赤い色素を持たないということで色素欠乏固体と言うことになります。

そうなると名前は purpurea でも緑色と言うことになります。(`・ω・´)

そんな中、ドロセラにもこの赤い色素を持たない物が有って、
D.capensis などは有名ですね・・。

そこでドロセラも赤い色素を持たない物は anthocyanin free だと言ったら、マニアな人からクレームが付きました・・・。

ドロセラはベタレインだから betalain
 free になるんだ・・・・ ( `Д´)ノ


え・・・・・ ( ´・ω・`)_

何・・・・・・


・・・で 、 ベタレイン(betalain)と言う聞きなれないものを聞いたので調べてみました。

Wikipediaですが。(^_^;)

それによると・・・。
ベタレイン(Betalain)は
ナデシコ目の植物で見られる赤色及び黄色のインドール誘導色素である。これらの植物では、アントシアニンの代わりに存在している。
ナデシコ目の全ての科の中で、ナデシコ科とザクロソウ科だけがベタレインの代わりにアントシアニンを生産する・・・・。

となっているので、これからするとナデシコ目、モウセンゴケ科の植物はアントシアニンではなくベタレインを生産すると言うことになります。

つまり。
Aldrovanda (1 species)
Dionaea (1 species)
Drosera (233+ species)
Drosophyllum (1 species)
Nepenthes (131+ species)
Triphyophyllum (1 species)

これだけの植物はアントシアニンではなくベタレインを含むと言う話です。
(`・ω・´)

もし、これらの植物で赤い色素を持たない物が有ったら、それは
 betalain free と言うことになります。


( ・ω・)ノ


*****

・・・・と言う所で色々調べが入って結果が出てきました。

それによるとモウセンゴケ科の植物はアントシアニンを持っているということです。
それ以外の色素を持っていないかと言うことははっきりしませんが、アントシアニンがあるということは同時にベタレインは存在しにくいようなので、モウセンゴケ科の植物の赤い色素はほぼアントシアニンで良いようです。

やはりWikipediaを鵜呑みにしてはいけないと言うことのようです。(#`ω´)ノ

こんな論文があるようです。

Lineage-specific gene radiations underlie the evolution of novel betalain pigmentation in Caryophyllales

Plant Systematics  P239

Flavonoid Properties of five Families newly Incorporated into the Order Caryophyllales (Review)

Khelljuhgさん有難うございました。

拍手[3回]

何かが来ました・・・。 (`・ω・´)



結構高い物が混ざったりしていてカードの請求が怖い・・・。( ´-ω-`)

それにしても税金が上がって結構馬鹿にならない金額になってきました、なんとかならない物か・・・。


それで週末は忙しいので植えつけてる暇が無いな~・・・。
土曜日にばたばたやるか・・・。 (´・ω・`)

・・・

ちなみに土曜日の夜は梅田で酔い子の会です。(* ̄▽ ̄)ノ
日曜日は園芸店回りなどしてます。


拍手[4回]

関西集会でした。

2016年最初の集会でしたが、今回も29人となかなか盛況でした。
今回はテレビ番組の録画影像の鑑賞や展示品の説明などで時間が過ぎていきました。
部屋が狭く30人部屋だったのでいっぱいです。


展示品は少なめ出したが、分譲品は大量に有ったので結局最後はばたばたになってしまいました。


今年はこんなのも有りました。


(^_^;)

会の後は新年会が有りましたが私は不参加でした。  ( ´-ω-`)_

次回は3月13日に大東市民会館であります。


その他、2月6日に酔い子の会が有ります、日曜日は京都方面に行く予定ですが、興味が有る人は連絡ください・・・。
(* ̄∇ ̄)ノ

拍手[2回]

毎年恒例のえべっさんに行ってきました。 

大阪人は今宮戎です。(* ̄∇ ̄)ノ 
去年はサンシャインとかに行っていけなかったので2年ぶりです、やはりここで祈願をしないと商売は上手く行きません。 

例年残り福とかに行くことが多いんですが今年は宵山に行って見ました。 
朝一番がすいていると言うことで、この頃は朝から行きますが、今回は8時半の段階で既に人ごみが・・・。
ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイ 

 

今年は日程が連休だからか、初日が土曜日だからなのか、いつもなら暇そうにしている福娘も朝から忙しそうです。 
 

この段階ですでに福娘を確認することが難しい状態におちいっていましたが、だいたい行列が長いところは人気が高いと言う感じです。 
ほとんど見た目で選んでいる人が多いようで、どうしても最初はそれなりの場所には人が固まる傾向が有ります。 
_( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ 

そんなこんなで取り合えずウロウロしていましたが徐々に人が増えてきて断念・・・。 

適当に並んで、年々値上がりする縁起物を入手しました。(^_^;) 
 
( ̄ー ̄)ノ  

そう言えば福娘の数が少なかったんですが、どうしたのかと思ったら、宝恵駕行列とかでちょうど出払っていたかもしれなくてちょっと残念でした。 
やはり残り福がいいかも・・・。 

それで神社なので巫女さんもいますが、何やらちゃんばらをしていました・・・。 (^^ゞ
 
ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ 

ここは名前を書いた提灯を飾ることが出来るんですが、今年も有りました・・・。 
隣に違う人のも増えています・・・。ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ 
 

帰りがけに道頓堀を通りがかったらちょうどその宝恵駕行列がいたので、車を飛び降りてちょっと見物してました。 
有名人とかもたまにいます・・・。(^^ゞ 
 

それにしてもこの周りを一緒に歩いている人たちはどうゆう人なんでしょうね~・・・。 

拍手[1回]

2015年もあとわずかとなりましたが、大晦日を迎えようとしてもばたばたしています・・・。

このところ植え替えをサボったハエトリやドロセラ、サラセニアまでも今年はかなり枯れてしまいました。
そこでこの期に及んで植え替えなどにいそしんでます。
まあ、ちょっとやったぐらいでは終わらないいんですが、やらないよりはましと言う感じでやってます。(^^ゞ

植え替え以外にも水漏れしている水盤の応急処置など、色々とやることが多くどれから手を付けるか悩みどころです。
多分こんな感じで3月までやってると思いますね~・・・。ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

振り返ってみて・・・まあ色々有りましたが出来なかったことが多かったような気もします。

はたして来年はどうなるか。


そんなこんなでLEDの照明を買って見ました。
今までは白色だけしか使っていませんでしたが、今回は赤・青のLEDです。
小さめな物を選んだので、出力が8Wしかないのでちょっと少ないかもしれませんが、白よりは効率がいいはずなのでこれで様子見です。


この電球、アマゾンで買いましたが、タイミングが有ったのか中国から直送されてきました。
それもビニール袋で・・・。(^_^;)


発送先は今話題の深セン・・・。
最初は何が来たのかと思いましたが電球でした。
それにしてもこんなA6ぐらいの大きさしかないビニール袋でよく中国から無事に届いたもんだ。
とりあえず無事点灯したので一安心・・・。
まあ、あとは使用時間がどれくらい可能かどうかでしょうね、製品検査がいい加減なので一年持たないとか結構あるようです。

それにしてもこのピンクの光りは目に優しくないですね・・・。
 

ゞ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

拍手[1回]

よく聞かれるのがアルバとヘテロフィラはどう違うんですかと言うことだったりしますが・・・。

ネットが発達した現在、そんなことは自分で調べろ・・・(#`ω´)ノ
と言いたい所ですが・・・。

_(´・ω・`)

良く知らないんですが、アルバは白いと言うことのようで、ヘテロフィラは色素が無いということのようです。

植物の場合色素が無くても葉緑素が有れば緑になるのと、それが無いと生きていけないわけなので、ヘテロと言うのはほぼ緑一色の物をさす場合が多いですね。

S、 leucophylla の場合はヘテロと呼ばずに viridescens と呼んでいます。
なぜそう呼んでいるかは知りません・・・。(* ̄- ̄)~

そんなアルバと呼ばれるS、 leucophylla ですがなかなか良い感じの葉が出たときの写真が無かったりしていますが、取り合えずそれなりの写真があったので張っときます。
 
    

葉脈がちょっと黄色く残っていますが、蓋にかけてほとんど白くなっています。
これくらいになればアルバだといえるんじゃないでしょうか・・・。・
この株は出所がいまいち分かっていませんが、最も古くから日本にあるアルバだということです。

もう一つ。

 

こちらは国内で交配で作出されたものですが、ヨーロッパから入ってきたアルバに黄花の物を交配して出来た物です。

これもかなり白い部分が広く葉脈が目立たない良い株です。

ただ、この白は環境に依存するので、中々良い感じにはならないところが難しいところですね・・・。
 (´‐ω‐)_

*追記)
Khelljuhg さんによる解説です。  
「albaはラテン語で「白い」、heterophyllaは「変わり葉の」、viridescensは「緑っぽい」という意味です(文法の関係で語尾は変わりますが意味は同じです)。
どれもアントシアニン欠損には変わりありませんが、命名する時はかぶるといけないので植物の見た目の特徴を反映しつつオリジナリティのある語を選ぶようです。」

albaというのはドロセラやネペンにも有りますが、花が白だけだったり部分的に色素が向けたようになる所が有るということでアントシアニンフリーとかではないですね。

まあ、個別に表現が有るので後は覚えるしかないでしょうね・・・・。
_( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

拍手[3回]

≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

Copyright c 偏狭の植物たち。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]