忍者ブログ
食虫植物など、限られた場所にしか生えない植物の栽培日記です。
| Admin | Write | Comment |
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
リンク自由です、勝手にやってください。
管理人へのメール
*印は必須です
バーコード

和名のモウセンゴケ(毛氈苔)、いわゆるDrosera rotundifoliaです・・・、まさか知らない人はいないでしょうね・・・。^_^;

日本でのDrosera の基本種で、どこでも見られる一番一般的な種類ですが、これを栽培している人はそれほど多くないように思います。

D_rotundifolia.2jpg.jpg自生地は沿岸部の低湿地から2000m級の山岳地帯、高層湿原まで、様々な所に自生していますが、いざ栽培してみると、中々栽培しにくい植物だと言うことが分かります。

特に夏場の暑さに弱いようで、花を咲かせた後に枯れることが良く有ります。

この時期はちょうど花が終わったころになるので、まだ株が残っていますが、真夏には自生地でもかなり小さな株になっています。

私もいくらか栽培していますが、やはり夏場はかなり小さくなって枯れる株もあるので、タネをしっかり採って株の更新をするようにしています。
7d5abeb1.jpeg

これは三重県産の物ですが、鉢の土が古くなって状態が悪くなってきています、そろそろ新しい鉢に移動しないといけませんね。



16ce7b83.jpeg
こちらは千葉県産ですが、花を沢山咲かせたために、だいぶ小さくなってしまいました。午前中しか直射日光が当っていないので、余り大きな株になっていません。



316dc65f.jpegこれは群馬県産の物です。かなり標高が高いところの物ですが余り夏場に衰弱しません。
理由は分かりませんが、この系統は余り沢山花を咲かせることが無いので、花に取られるエネルギーが少ない為かもしれません。
通常低地の物は2~3本以上の花茎を上げて十数個の花を咲かせます、ところがこの系統は1~2本の花茎で、十個程度の花しかつけません。
かなり大きい株ではもっと沢山の花を咲かせると思いますが、この程度の株ではそんな物です。
やはり標高が高いところは、夏場に衰弱する可能性も少ないので、無理に花をつける必要も無いんでしょうか・・・。

ed514dc3.jpeg
ついでにもう一つ、これはアルバです。
要するにアントシアニンを持たない植物で、これの他にはD.capensis D.filiformis しか私は知りません。
三重県の自生地で発見した物ですが、赤いモウセンゴケが沢山ある中にこの緑があると非常に目立ちます。

モウセンゴケが上手く栽培できない理由の一つは、この植物が常に新鮮な水が流れている所に自生していることに由来するかもしれません。
栽培下では用度を多湿にして高温にすれば、当然鉢の中には有機物が分解されたがスが溜まり、酸素が少なくなってきます、このことがこの植物を弱らせる原因なのかもしれません。

ただ、だからと言って、無機質な用土ばかりで植えても、成長か良くありません、やはりそこにはいくらかの養分が必要になってきます。

栽培上注意することは・・・。
①通気性の良い用土で植えること。
②いくらかの有機物を混ぜること。
③鉢内の水が滞留して酸素不足にならないようにすること。
④鉢の温度を上げないような工夫をすること。
⑤全日照が基本だが、鉢の温度が上がるようなら日照時間を減らすか、遮光する。
こんなところでしょうか。

* 用土はミズゴケでも問題ないわけですが、ミズゴケの部分が常に水に浸かっていると腐敗しやすくなるのと、毎年春には新しい物で植え替える必要は有ります。

特に鉢の温度が上がると、酸素不足やガスの発生が多くなるので、ここが一番重要かもしれません。

単独で植えることより、サラセニアや、花菖蒲と言った、水を吸上げる量が多い植物をいっしょに植えると鉢内の環境を適度に保ってくれるので、栽培しやすくなると思います。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おます♂
今度うちの別荘地で探してみようかなと思ってます。沢もあるので、意外と見つかるような気がしてます。ブログ仲間のわたりやさん(広島の旅館の女将)も裏山で自生してるの見つけたようです。
(^_^;;;
2009/07/12(Sun)05:32:58 編集
Re:無題
大阪屋
別荘ですか。^_^;
日当りが良いということが条件ですが、ピンポイントで日が当っていても生えている可能性は有るので、傾斜地で湿った所なら可能性は有りますね。
2009/07/12(Sun) 11:15
無題
捲り屋
 ロツンディフォリアは、私のフィールドワークの範囲の各所でもいろんな顔を見せてくれています。トウカイの方がどこにでもあるという感じですが、いろんな環境に適応しているということからするとロツンのほうがより強いのかなあと思えますねえ。
 この間言っていました。ピンクがかった花色のものですが、よく日の当たる自生地ではしばしば見かけるようになりました。ところが採って帰って育てていると、白花が咲くようになってきました。葉がトウカイとのアイノコみたいなのもしかり、育てているとトウカイっぽくなってきました。がっかりもしますが、新発見のようで面白くもあります。
 またロツンは、カンカン照りで真っ赤なのもありますが、えー、こんな日陰でも群生してるー。みたいな日陰で緑色のもあり、なんか変に適応力があるなあと思います。
 滋賀から三重に抜ける鈴鹿スカイラインの道すがら標高500m足らずのところにも自生地がありますが、群馬の高地産のような高地特性?を持つのかどうか、ちょっと調べたくなってきました。
 アルバ、ちょっと欲しくなってきました。
2009/07/12(Sun)10:25:05 編集
ろつん
大阪屋
モウセンゴケはとにかく水が流れているようなところが好きなので、雨が多い日本では適した環境が沢山あるかもしれませんね。
ピンク花は栽培下でも条件がそろえばいくらでも咲きます、今度は日当りの良い条件を作ってください。

トウカイはやはり環境によって形態を変えて行くところがあるので、これから勢力範囲を広げていくと思います、この辺は雑種強勢というところが有ると思いますね~。

群馬県産はやはりちょっと違いますね、もう少し良く観察してみないとわかりませんが、今まで漠然としか見ていなかったので、これからもう少し気にして観察してみましょう。

アルバはマニア名人は興味を引くようですが、赤くないだけですからね~・・・。(^^ゞ
2009/07/12(Sun) 11:26
無題
とき URL
樫原湿原でみたモウセンゴケは花が終わり貧弱になってました。夏には他の草で覆われてあまり日照は得られそうにもありませんでしたが、赤かったわ。
一番目の画像みたいなモウセンゴケでした。
2009/07/12(Sun)21:54:57 編集
Re:無題
大阪屋
基本的に標高が低いところの物はみんな同じような感じですね。
その代わりタネを大量に作るので、環境さえ良ければ増殖力はかなり有ると思いますね~。
2009/07/12(Sun) 23:39
無題
WAKA URL
我が家のロツンはなんとか元気です。
日当たりガンガンのところに腰水で置いているのですが機嫌がよいようで助かっています。
なのに東海が消えてしまいました。
何なんでしょう。
2009/07/13(Mon)00:09:05 編集
Re:無題
大阪屋
ロツンは水気が多いと結構上手く行くことが多いんですが、トウカイは同じようには行かないので、植え替えた時に状態が悪かったのか・・・。
古い枯れ葉が付いているとそこから腐ってしまうことがあるので、何かそんなところにも原因があるかもしれませんね。
2009/07/13(Mon) 09:51
無題
Clupe
群馬産の系統が花の数が少ないというのは面白いですね。近縁で亜寒帯性のD.anglicaなども考えてみれば、草体の大きさのわりに花の数が少ないですし。こういうのは案外株の寿命が長いのかもしれないと思いました。これから注意して見てみます。

余談ですが、我が家の九州産のものはやたら株別れで増殖します。自生地は内湾に面した斜面の枯れ沢のような場所で、土壌は結構乾燥しています。おそらく夜間の霧露でかなりの水分を補っているのではないでしょうか。このタイプは、土壌が乾燥しているため、水分を多く要求する実生苗の生残率が低く、代わりに無性繁殖で種を維持している、そんな感じがしています。これも結構面白いと思っております。
2009/07/13(Mon)00:24:34 編集
Re:無題
大阪屋
高山の物が全てそうなのかどうかは分かりませんが、千葉と三重の物はほとんど同じ様な感じですが、群馬の物はちょっと違う感じですね。
これが共通した特徴なのかどうかはもっとあちこちで確認しないといけませんね~。

九州の物は面白そうですね、ロツンは余り株分かれしないんですが、やはり冬季の温度や環境の違いが有るのかもしれませんね。
2009/07/13(Mon) 09:56
無題
ちゃっぷ
ロツンディフォリア知ってました。ドキッとした~
同じ種類でも地方によって全く違うのですね。
ロツンディフォリアの種を頂いたので、芽が出るのが楽しみです。
モウセンゴケの栽培はメモしときます。
2009/07/13(Mon)02:39:04 編集
Re:無題
大阪屋
どうもどうも。
まあ、和名の付いた基本種ですから・・・。(^^ゞ
栽培はハエトリソウが出来れば同じような物ですが、ハエトリより水が好きなので、腰水の水位は高い法が良いでしょうね。
2009/07/13(Mon) 09:59
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261]

Copyright c 偏狭の植物たち。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material+Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]